• HOME
  • 経営管理プログラム概要

経営管理プログラム概要

1.HUB経営管理の概要

本質的な解決策を見いだす能力を身につけ、広い視点に⽴った経営構想⼒を求めるビジネスの世界は、日常的な業務の延長線上では解決できない問題に満ちています。
そのような状況で有効となる解決策を探るには、これまでの経験に加えて、体系的な知識の基盤と、問題の核心に迫るための論理的な解析力が重要な意味を持ちます。
HUB経営管理では、経営、会計、ファイナンス、マーケティングを中心とする領域を幅広く学んだ上で、深く考えるプロセスを繰り返すことで、本質的な解決策を生み出す力をつけて、広い視点に立脚した経営構想力を身につけます。
2年間のプログラムで培うのは、将来、マネジメントの中核を担う上での基盤となるリテラシーと思考力です。

【HUB経営管理プログラムの特徴】

  1. 働きながら日本語でMBA取得
    都心に立地するキャンパスで、平日夜間・土曜に開講される経営管理プログラムでは、現在の仕事を続けながら、MBAを取得することができます。
  2. 充実した講師陣
    先端的な研究を進める専任教員と、豊かなマネジメント経験を有する客員教授陣との講義を組み合わせることで、理論やフレームワークを体系的に学ぶとともに、経営者の視点から物事を考えていきます。
  3. 少人数クラスによる密度の高い学び
    経営管理プログラムでは、少人数でのワークショップ編成をはじめとして、教員と学生との間や学生間での相互作用を重視しています。このような相互作用を通じて、密度の高い学びを実現するとともに、修了後も続く交流が期待できます。
  4. 修了後のキャリア
    経営管理プログラムでは、深い洞察と高い視点に立脚した経営構想力を備えた人材を育成します。修了後は、事業会社や金融機関などでマネジメントの中核を担う人材としての活躍が期待されます。

2.ホスピタリティ・マネジメント・プログラムの概要
(経営管理プログラム・サブプログラム)

本プログラムは、経営管理プログラム内のサブプログラムとして開講され、将来ツーリズム産業、ホスピタリティ産業をリードする経営幹部候補生や地域経営を担う地域リーダー候補生の育成を主眼としております。
HUB経営管理プログラムの基本的な教育内容に依拠しつつ、以下の3つの独⾃のカリキュラムを提供することで、ホスピタリティ産業の将来を担う構想力と実践力をもった「高度経営人材」を育成します。

  1. ①「サービス・マネジメント」、「ホスピタリティ・マネジメント」の専門科目
  2. ②ワークショップ(サービス・ホスピタリティ・マネジメント)
  3. ③海外研修等の課外研修

年間スケジュール、開講時間等はHUB経営管理プログラムと同様です。詳細については、こちらをご覧ください。