ホスピタリティ・マネジメント・プログラムの特徴

ホスピタリティ・マネジメントに焦点を当てたMBAプログラム

わが国の持続的な経済成長を達成し、豊かな社会を実現していく上で、ホスピタリティ関連産業の重要性は、年々高まっています。このような社会的状況を背景として、一橋大学では、経営学修士(MBA)コースに、ホスピタリティ・マネジメント・プログラムを、2018年4月に開設します。このプログラムは、ホスピタリティ産業の経営人材育成を主たる目的とする本格的なMBAプログラムです。

平日夜間・土曜日開講・都心キャンパスのプログラム

平日夜間・土曜日に、千代田キャンパスで開講されるプログラムです。東京都心で昼間お勤めの方が、就業時間後や休日に通いやすい環境が整っています。また、ホスピタリティ関連企業からの派遣など一定の要件を満たし、平日昼間の受講を希望する方は、国立キャンパスの「経営分析プログラム」に在籍して、千代田キャンパスのホスピタリティ・マネジメント関連科目を受講することも可能です。

マネジメントの知識を固め、ホスピタリティを究める

このプログラムは、世界トップレベルのホスピタリティ・マネジメント・スクールと同様の構成をとっています。まず、経営学、マーケティング、会計、ファイナンスの領域を中心として、体系的なマネジメント知識の基盤を構築します。その上で、ホスピタリティ・マネジメントに的を絞った専用科目を学び、ホスピタリティ産業固有の問題やトピックを掘り下げていきます。

第一線の研究者と実務家による講義の融合

カリキュラムは、各領域の専任教員やホスピタリティ・マネジメント領域で国際的に活躍する客員教員による講義と、ホスピタリティ産業に精通した実務家による講義で構成されます。このような組み合わせにより、本学のMBAコースが目指してきた「理論と現実の往復運動」を実現し、現実の場で活かせる思考力・分析力を構築していきます。

少人数クラスと独自教材を通じた洞察力の育成

一橋大学の伝統である少人数教育を取り入れて、「ワークショップ」と呼ばれるゼミナール形式のプログラム専用クラスに、2年間を通じて所属します。また、専用科目では、討議用ケースなど、独自に開発したホスピタリティに関する教材を使用します。これらの教育手法を通じて、教員と学生の間での対話を促進して、深い洞察力を磨きます。

わが国のホスピタリティ産業をリードする人材へ

2年間の学びを通じて、産業全体を俯瞰する構想力を養うとともに、グローバルな視野で成長戦略を策定・実行し、激しい環境変化に直面する組織をリードする能力の獲得を目指します。修了後は、ホスピタリティ企業の経営層や、観光政策をリードする行政担当者として、わが国のホスピタリティ産業をリードする役割を担うことが期待されます。